水沢夢のブログ

第6回小学館ライトノベル大賞で審査員特別賞をいただきました、水沢夢のブログです。

Entries

頑張ったインキュベーターに貢ぐ秋


俺、ツインテールになります。五巻、12月18日発売です!
鋭意作業中!


劇場版まどかを見てきました。ネタバレの雑感は↓一番下の「続き」で見えるよう隠れています。

さて、当然劇場版公開となればキャンペーン・関連商品も賑やかになります。
そして妖怪まどかあつめの活動も活発になります。
あまりにも妖怪として強大になり過ぎて、黄泉も「こんな実力者が野心も持たず、ただまどかグッズだけを集めて魔界に潜んでいたとは」と戦慄するレベル。


キャンペーンに先だって、ローソン限定のまどマギペットボトルホルダーつき十六茶が発売されました。
しかし、980円の商品が全五種。
この先キャンペーンが控えていることを思えば、さすがにこの出費は痛いので、今回はこの中から一種類だけ買うことにしました。









……と、ローソンで全部揃っているのを見るまではそう思っていた。
抗えない魔力が放たれていた……。


そして今週になってキャンペーン始まる。
昨日TVのバラエティでローソンのスイーツ特集やってたので、今日ローソンに行ったらそれ目当ての女子高生や仕事帰りのOLと鉢合わせするのではないかと危惧することもなく、淡々とお買い物です。
TVで紹介されていたピュアロールケーキを買ったついでにたまたま目に入ったまどかグッズを買っていくという女々しい言い訳を心の中でするのではなく、まどかグッズを買ったついでにスイーツでも買っていくかぐらいの気概を持つことが大事です。



だよな、キュゥべえ?

これは5個対象のお菓子を買うともらえるキュゥべえボウル。
天下のヤマザキさんでさえ、食パン10個以上買わないとお皿と交換できないというのに、太っ腹だぜキュゥべえ。




手頃なまどかお菓子も買っておく。
次回あたりは杏子おすすめラーメンとかラインナップされそうです。





はなかんだらバチが当たりそうなティッシュ。2個で普通のティッシュ箱の10個分の値段。




そして恒例のお菓子でプレゼントのファイル。
一年間にローソンで一体何枚のファイルをもらっているんだ……。
次に担当さんと会って打ち合わせする時、原稿をこのファイルから取り出して「ほう、こいつできるな」と思ってもらうぐらいしか使い道が思い浮かびません。


こうして、次のキャンペーンを求め、妖怪まどかあつめの戦いは続くのであった……。



おまけ:来場特典色紙。
(後述の感想参照)背中合わせの二人の色紙が素晴らしい。
ほむは……。




↓「続きを読む」に劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語 の感想(ですらない文)


      


劇場版の感想

●全編通して見るとほむらが一人闇堕ちして割を食ったように見えなくもないですが……まどかにちょっかいさえ出さなければそこそこ友好的にやっていけると思っていたら、ある日キュゥべえが「まど神様の身体に興味があるよキュッぷい」とかほざいたのを聞いて「ブチ殺すぞこの耳毛が」と怒りで振り切った結果だと思えば納得できます。
キュゥべえに好きにされるくらいなら私が好きにする理論。

●結婚できない女教師は強かった。
「世界滅べ」と呪詛ってる最序盤にまさかこんな伏線が……。
しかし多くの人にとって都合のいい世界になった再改変後も変わらず男運がない彼女は世界のイレギュラーであり、続編でキーマンになるのは確実。

●キュゥべえは、よほど気に入ったのかやたら遮断フィールド遮断フィールドと得意げにいっていたが、一番遮断しなければいけないものは遮断できていなかった。
オーラスVerのボロ雑巾キュゥべえのフィギュア化が待たれます。次のローソンのキャンペーンで十六茶あたりにきっと。

●さやかがダック・キングの超必殺技ぐらい回ってた。
初恋のお上品な音楽の彼と決別し、ゲームセンターとか好きそうな子といちゃいちゃした影響でしょうか。
勇者指令ダグオンのように自らの魔女と融合合体して巨大戦を始める終盤がかっこよすぎた。

マミさんが精神と時の部屋で修行したぐらい強くなっていた。
魔獣戦を経て地力が上がっているのを差し引いても、あれだけ超反応超絶機動のマミさんがどれだけ舐めプしてもTVシリーズでシャルロッテにあの負け方はない。
後輩にいいところ見せようとしてギリギリのピンチを演出しガブリされる直前で脱出する逆転劇を見せようとしたら、タイミング悪くくしゃみしそうになってあの顔になって硬直したぐらいしか負けた理由が思いつかない。あのシーンで「はっ……」って言ってたし。 はっ……(くしゅん)

中学生の女の子がお風呂上がりにバスタオル一枚でブラッシング。敵の気配に気づいて「全く、夜更かしは美容の大敵なのよ(ドヤァ)」みたいに言いながらズバシャアとタオルを投げ捨て全裸。本人は望まれてると勘違いしてセクシー需要に応えようとして、真に誰もが望むお笑い需要に応えてくれるマミさんが素敵です。

●TV版では一番武闘派でブイブイいわせていた杏子の戦闘シーンが映画では印象がちょい薄かった。
前半のあの戦隊ノリは封印されしロッソ・ファンタズマを使うチャンスだったのに!
しかしこの映画で一番燃えたのはついにさやかと杏子が背中を合わせて戦うシーン。これが見れただけで何も思い残すことはない。

●ゆえに、喜ぶべき追加ロリ枠のはずのなぎさが、さや杏のイチャイチャに茶々を入れて中断させた残念な子というイメージが強く残ってしまったのが悲しい!

●ほむらだけが悪いんじゃないよ、まどかが迂闊に船の上でほむらを押し倒したから、感極まって腹括ったんだと思います!!


ハッピーエンドではなかたっと落ち込んでいる方、よく思いだしてください。
再改変後の世界で、アルティメット化しかけたまどかをほむらが止めたことで、ツインテールが解けてしまいました。
ほむらは「戦うことになるかも」と言ってそれを泣きながら結び直すのです。
たっぷり使い続けて怨念の染み込んだリボンを、「やっぱり貴女の方が似合うわ」と加えつつ。
その結び直したツインテールの、なんと見事なことよ。
完全に心が闇に堕ちていてはあれだけのツインテールは結べないでしょう。
続編でそれに気づいたさやかやまどかが、悪ぶってんじゃねえとほむらを力尽くで矯正するフラグ。さやかちゃんから「さやかさん」と化した今の彼女ならやってくれる。

というわけで、まどか劇場版感想でした。


もう一回!
俺、ツインテールになります。五巻、12月18日発売です!!

Appendix

著書

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

ガガガチャンネル

TWITTER


このブログのQRコード

QR

Extra

プロフィール


第6回小学館ライトノベル大賞にて、審査員特別賞をいただきました、水沢夢のブログです。

「俺、ツインテールになります。」原作1~12巻、4.5巻、ふぉーくーるあふたー1~4巻発売中です!

TVアニメ俺ツイの関連商品もよろしくお願いします!!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索フォーム