水沢夢のブログ

第6回小学館ライトノベル大賞で審査員特別賞をいただきました、水沢夢のブログです。

Entries

発売されました!



俺、ツインテールになります。
発売されました!

「発売日に自分の本が店頭に並んでいるのを見る」
その当たり前の幸せを享受できない田舎者は、単身東京は秋葉原まで向かい、あまつさえヨドバシAKIBA有隣堂さんでサインまでさせていただくという暴挙に及びました。
「サインしてしまった本は、返品できないんで本屋さんの負担になってしまうんです」
「なんでサインする前に言ってくれなかったんですか!?」
という微笑ましいやりとりもありましたが、不慣れなサインはやはり緊張するもの。サイン本を買って頂いた方は、逆にその慣れてない感じが味になると思いますので、なにとぞご容赦下さい。

そしてせっかく放送日なんだから、と、無理をお願いしてガガガチャンネルに見学に行かせて頂きました。
最近は担当さんも水沢の迷子癖を考慮してか、ちょっと迷って遅れることを計算に入れた集合時間になっているような気がします。
しかし人間とは学習する生き物、今回はスマフォのナビが使えなくてもいいようホテルから駅までをプリントアウトした紙を持参していました。何のためのスマフォだろう。どれだけ電子化が進んでも、やがて人は紙に還るという教訓ですな……。

撮影場所に着きました。
おっじゃましまー……おぐぅッッッ
恐るべきアウェー感。
いや、もちろんスタッフの皆さんいい方ばかりですが、あまりの水沢の場違い感にそう感じさせるのでしょう。甘かった。見学とはいえ命を賭けなければ。
邪魔しないようにじっとしてますから。道端に落ちてる石ころだと思ってくれればいいですから!!
観用植物についてるガガガくんマスクと一緒だと思ってくれればいいですから! ……やべえ、超目立つ!!
僕は、サイコロに念を送るためだけにスタジオに来たんです。
ほら、放送見てると、え~、ガチなんですか~? その回に関係してる作品ばかり読まれるじゃないですか~! って感じになるじゃないですか。
だから、至近距離から念を送ればあるいは……と考えたんです。
結論から言うと、皮肉にも身を持ってサイコロがガチだったことを証明して帰ってきました。
ぶっちゃけ、ツインテール読まれろーと念じつつ、スペシャルだったささみさんがサイコロで選ばれ「ですよねー」となる所までが鉄板だと思っていたのですが、ガチでした。
というか、むしろ水沢の邪念が運に見放された要因な気もします。
でも、そんなことはどうでもいいんです。
見ましたか? 「これでもツインテールになりますか?」と髪を摘んだ赤崎さんの殺人的な可愛さを。
心が燃え滾って、真横にあった機材を破壊しそうになるくらい天使。危うくで異世界から来た怪物に狙われるレベルです。
そのうちツインテールにする、という言質を取れただけで、勇気を出して見学に行った甲斐がありました。赤崎さん、スタッフの皆様、本当にありがとうございます。
しかしその帰りは台風が東京も襲っており、持ってきた折りたたみ傘が再起不能になりました。あの台風は、きっと水沢の心の猛りだったのだ……。

さらに翌日、また少し秋葉原を見てから帰ろうと思ったのですが、荷物を秋葉原の駅のロッカーに置いたのをすっかり忘れており、東京駅に着いてから「やべえ!!」と思い出しても後の祭り。余裕のない移動のせいで、予定していた新幹線に乗れませんでした。
電子を捨て、紙に還ってもなお、人は時という絶対の存在からは逃れられないのだ……。

ともあれ、人生初の本の発売を迎え、やりたいことは全てやらせて頂きました。
本当に嬉しいです。
感想なども読ませてもらっています。紹介してくださった方、感想を書いてくださった方……皆様、本当にありがとうございます!!


発売です!


いよいよ、「俺、ツインテールになります。」発売です。
受賞の報を受けてから今日まで、色々ありましたが、こうして本が出せたことを携わって下さった多くの方に感謝します。
初めて出すライトノベルですので、緊張しています。
気軽に、楽しく読めるようにと心掛けましたので、気に入って頂ければ嬉しいです。

有隣堂ヨドバシAKIBA店さんでは、特典ペーパーが付属します。
水沢夢の余計なコメントとサインも載っていますが、イラストは春日さんが描いて下さっていますのでよろしくお願いします。


……頑張って真面目に書きましたが、真面目限界文字数を突破したので以降はいつも通り書こうと思います。

Amazonさんで「ツインテール」で検索して一位になるのが夢なんです。
でもウルトラ怪獣のツインテールが超強いんです。普段Amazonで買い物されてる方は、力を分けて下さい。
日本に生まれ、ツインテールを題材にした物語を書く以上、ウルトラ怪獣のツインテールとの戦いは避けえぬものだったのです。

もちろん、近所やよく買い物する本屋さんで、という方も是非!
青春群像劇を思わせる爽やかなタイトルですし、表紙絵もかっこいいですからね!
発売日は平日ですが、よくアニラジとかで「学校が終わってから急いで本屋さんに向かったら、最後の一冊が残っていました! 嬉しかったです!」というようなメールが読まれたりするじゃないですか! あんなノリで仕事や学校が終わったらGOですよ!


というわけで、今後ともよろしくお願いします!!



  

一週間前です!


完成見本が届いたんです!
そう、授賞式の時、5月刊の二人が持ってて羨ましかった完成見本です! いやあ、感動ですね、初めての単行本。何かテンション上がっちゃうなー!
受賞者が受賞刊でのみつけてもらえる(……んですよね?)金の帯もついています。
こう、胸ポケットに仕込んで銃弾から心臓を守りたくなるね。
スナイパーが空気を読まずに眉間を狙ってきたら、瞬時に銃弾を掴んで「ちゃんと心臓を狙えボケ」と銃弾を投げ返すくらいテンション上がっちゃうなー。

本を出すことができた。出してもらう事ができた。
この感動を忘れることなく、活力にしていきたいです。

そう、例えば何かをやり始めて突然その何かが凍け……できなくなってしまった時、
「駄目だ、世界を憎んではいけない。何故なら、自分の本が生まれるのもまた、この世界なのだから」
と悲しみを乗り越え、成長していくように。

というわけで、1週間後、6月19日に、「俺、ツインテールになります。」発売です!



俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)


水沢夢と神保町


小学館は神保町にあります。
今まで、コミケなどの同人誌即売会やイベントなんかに参加するために一年でも結構頻繁に東京に行っていましたが、神保町は賞をもらって小学館を訪ねるため、初めて行くようになりました。
田舎者にとって、東京の鉄道網はまさに悪夢。最初の頃は何度迷ったことでしょう。
数年かけ、緑、水色、たまに黄色、ビッグサイト行く時だけりんかい線、これだけ覚えれば何とかなると分かり、東京の列車を極めた気になっていました。

ところが神保町は、地下鉄しか止まらないと初めて小学館に行く前の日に発覚。
東京の地下鉄と言えば、まだ東京に慣れていなかった頃、水沢夢の迷子暦からしてもトップの部類に入る、目的の列車に乗れない、乗り継げない、降りた駅からホテルまで辿り着けないという三つの運命が歴史になる超迷子を味わわせられたトラウマがあります。
ちなみにこの時は学生で、ホテルもなるべく安い所をと選んでいたせいで駅から徒歩8分くらいの場所でしたが、2時間ぐらい迷い、隣の駅に辿り着いたりしました。この時の教訓を糧に、その後ホテルは極力徒歩0分、最大で徒歩2分の距離を心掛けるようにしたのです。

神保町には何度か行きましたが、地下鉄は色別に覚えられないので難易度が高い。
同じ駅を経由して同じ駅に着くのに、乗る列車によっては一回分余分に運賃がかかることも学習しました。
上の時のように、迷子になった時は最悪高架線を辿っていけば駅には着くという戦法も、地下鉄では通用しない。しかし……授賞式の次の日、神保町駅を目指していたのに、別の駅についてしまったのです。
「御茶ノ水駅……これは覚えがある……! "黄色"だ……!!(劇画調で)」
というわけで、神保町で迷ったら黄色に行けばいいというサバイバル知識を獲得したのでした。

6回受賞組で、水沢と同じく遠方組である某先生もきっと苦労されただろうと、「東京迷子談議」に華を咲かせようとチラッチラッしてたけど、そんなことはなかったようです。
そもそも授賞式ちゃんと間に合ってましたしね……。

各社の路線検索ってなんでどれも「徒歩」を選択肢から除外できないんでしょう。
いいんだよ、多少時間がかかったって列車だけで完結したいんだよ!!
徒歩数分ったってなあ、その徒歩数分の距離で迷子になって授賞式会場に辿り着けない奴だって世の中にはいるんだぜ!!



ちょうど2週間


いやー発売まで2週間となりました。
しかし2週間、待つ時間としてはあまりにも長すぎる……髪が伸びすぎてツインテールにできるレベル。
多分発売へのカウントダウンへの恐怖で錯乱して、バイオハザードの研究員の日記みたいになっていくかも知れませんが、ブログもちょくちょく更新していきたいです。

同じ日の8時からガガガチャンネルも放送されます!
とりあえずタイムシフト予約は忘れずに!
http://ch.nicovideo.jp/channel/gagaga


6月です


6月です。
公式サイトやAmazonさんなどでもカバーイラストが公開されました! 春日さんありがとうございます!

6月は、婚姻を祝福・守護する女神ユーノの月と言われていますね。
その加護あれと6月に結婚することをジューンブライドと呼んだり…………えーと、うろ覚えや漫画の知識だけで色々書くとボロがエクスプロージョンしそうなので控えます。
つまり、何だ、6月に発売するライトノベルに女神の祝福あれ!!

……やべーいっぱいあるなー……




Amazon-俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)


Appendix

著書

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

ガガガチャンネル

TWITTER


このブログのQRコード

QR

Extra

プロフィール


第6回小学館ライトノベル大賞にて、審査員特別賞をいただきました、水沢夢のブログです。

「俺、ツインテールになります。」原作1~12巻、4.5巻、ふぉーくーるあふたー1~4巻発売中です!

TVアニメ俺ツイの関連商品もよろしくお願いします!!

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム